【Swift】【解決決定版】突然のエラー「No such module ‘GoogleMobileAds’」その2

その1で「pod ‘Google-Mobile-Ads-SDK’ をPodfileに追加」という、解決策を紹介しましたが、それで治らない例が出てきました。

目次

不具合内容(その1と同じです)

BuildやRunでエラーやワーニング(黄色)が出ると潰したくなります。エラーが出てもBuildやRunでBuild Succeeded(ビルド成功)となってアプリが正常に起動すれば、エラーが出ても問題ないことは経験上分かっていますが、突然現れた「No such module ‘GoogleMobileAds’」はワーニングより一段上の赤色の警告。しかしながらBuild Succeededでプログラムは問題なく走るという微妙な警告でした。どうにかこの警告を消そうともがきました。

対策方法

「podで入れた項目を一度全て削除して入れ直す」ことで解決しました。

今回の不具合の対策例を具体的に示します。今回不具合が出たアプリのpodはCocoaPodsで入れています。Podfileは次の通りです。

  # Pods for XXXXXXXXXX
  pod 'Firebase/Core'
  pod 'Firebase/AdMob'
  pod 'Firebase/Analytics'
  pod 'Google-Mobile-Ads-SDK'
  pod 'SwiftyStoreKit'
  pod 'ReachabilitySwift'

これを次の通り変えます。podの左に#を加えます。

  # Pods for XXXXXXXXXX
  #pod 'Firebase/Core'
  #pod 'Firebase/AdMob'
  #pod 'Firebase/Analytics'
  #pod 'Google-Mobile-Ads-SDK'
  #pod 'SwiftyStoreKit'
  #pod 'ReachabilitySwift'

そして、ターミナルからpod updateします。podで入れた内容が削除されます。

次にPodfileを元に戻してpod updateします。内容が再び入ります。

これでワーニング「No such module ‘GoogleMobileAds’」は出なくなります。

最後に

有効な対策を見つけられてホッとしました。やれやれ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次