【Swift】CocoaPodsをアップデートしたらワーニングが現れた

CocoaPodsをアップデートしたらワーニングが現れました。内容と対策を紹介します。

目次

今回現れたワーニング

CocoaPodsをアップデートすると、突然ワーニングやエラーが出て困ることがあります。
今回現れたワーニング「The iOS Simulator deployment target ‘IPHONEOS_DEPLOYMENT_TARGET’ is set to 9.0, but the range of supported deployment target versions is 11.0 to 16.4.99.」は、いつの頃からか覚えていませんがGoogleUtilitiesのあるバージョンからシミュレータをRunすると出てくるようになりました。File not found: /Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Toolchains/XcodeDefault.xctoolchain/usr/lib/arc/libarclite_iphonesimulator.aというエラーも出てシミュレータは走りません。

原因と対策

ワーニングによるとFirebaseのiOS Development Targetが合っていない。以前はCocoaPodsをアップデートしてもこんなことはなかったのに突然。。。
ワーニングの指示に従って、iOS Development TargetのiOSバージョンを合わせれば解決します。しかし今回のこの例では13ヶ所も変更しなければならない。CocoaPodsをアップデートするたびにこの作業をするのは大変でした。

より良い対策

どうにか楽できないかと対策をさがしたところ、Podfileに次のコードを追記してCocoaPodsアップデートすれば、このiOS Development TargetのiOSバージョンを変更できることがわかりました。

post_install do |installer|
  installer.pods_project.targets.each do |target|
    target.build_configurations.each do |config|
      config.build_settings['IPHONEOS_DEPLOYMENT_TARGET'] = '12.0'
    end
  end
end

上記コードの’12.0’が狙いのバージョンです。
手間が省けて作業がとても楽になりました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次